割り切り掲示板

割り切り掲示板で、JKからホ別苺円盤なし条件で援助交際募集があった。敢えて書くまでもないと思うが、その掲示板は18禁であり、JKなど存在するはずがない。あくまでも、自称JKであり、ホンマモンのJKでないことは明らかだ。おそらく、僕も含めて皆そう考えている。JKと円したら何かと問題になるが、割り切り掲示板に書き込み出来る18オーバーが「JKだお☆」なんてアピールしてもウソは明らかだ。「そうだねえ、JKだねえ」と彼女のウソに乗りつつ、JKっぽく扱ってあげるのが男の優しさと言うものではないだろうか。
だから、自称JKとプチ円することになったが、あくまでもJKではないからね?JKと偽っている女の子だからね?
そんなこんなで待ち合わせをしていると、まっしろなショルダーバッグを斜めがけした自称JKが現れた。どんな「JK(笑い)」的な女子が来るのかと思っていたら、アイドルグループの2列目の左端くらいで踊ってそうな普通に可愛い女の子だった。さすがに制服ではなかったが(当たり前だ)、JKでも十分通用する。JKっぽい女の子と援助交際する・・・一番理想的な形ではないか。JKじゃなければ援助交際してもいいのか?と問われると、そこは微妙なラインではあるのだけど、JKそのものは明らかにまずいものだ。
割り切り掲示板
念のために「ホントにJKじゃないよね?」と聞いてみると、「えー、見えない?老けて見えるのかなあ」と絶妙にはぐらかされた。そこで本物のJKじゃないことは確信した。本物だったらそんな匂わすような持って回った言い回しはしまい。
彼女は積極的に「あそこのホテル安くてお得だよ」と誘ってくれた。本物のJKがラブホに詳しいわけがない。これは当たりだ。僕はますます安心して「JKっぽい女の子」との援助交際を楽しもう!とホテルに入った。
部屋に入ると彼女はバッグを下ろして、ジッパーを開け始めた。こちらはもう勃起が始まっている自分の股間を堪えつつ、彼女の準備を待っていた。
すると、彼女は膝をついたままこちらを見上げてかわいらしい笑顔で言った。
「あ、おじさんはやっぱり制服がいい?さっき、駅のトイレで着替えてきたばかりだから持ってるよ」
どこかでパトカーのサイレンが鳴っている気がした。
割り切り掲示板
割り切りの相場