太っている女の子なのに、パパ活に成功。
さらに彼氏まで作ってしまった友達。
今まで見たことがないような、キラキラした笑顔でした。
幸せを満喫している女の子そのもの。
すごいという一言しか出てきませんでした。
幸せオーラを発散していました。
それを見て、私にもチャンスがあるのではないかという気持ちにもなりました。
生活も厳しくお金が欲しい気持ちはずっと持っていました。
それがデートするだけで叶うのです。
デートすらしたことがない私、男の人と楽しいひとときを楽しみたい考えはあります。
それがお金を稼ぐことになるなら最高です。
デートを楽しめる。
そして収入になる。
もしかしたら、デブでも相手にしてもらえるかもしれない。
いろんな思いが駆け巡っていく感じでした。
「瑠海も、パパ活をやったらどお?とってもいい出会いがあるよ」
「でも、ぽっちゃりだから相手にされないんじゃないかなって思って」
「私も最初はそう思ったんだけど、実はデブ専って男の人いるんだよ」
「太った女の子が好きな人?」
「うん、かなり太っている女の子が好きな男の人。そういう人見つければ何とかなるんだから」
デブがアピールポイントになることが分りました。
体型がコンプレックスで積極的になれなかったのですが、これが売りになる。
すごいことではないかと思います。
デメリットの部分だと思っていたのに、メリットになるのですから。
デート援は安い給料の私には確実に必要。
しかも、デートを楽しむことも出来る。
美味しい料理まで食べさせてもらえる。
食事するだけのパパを探す方法を、友達から聞き出さなければいけなくなりました。
経験者のやる方法が確実。
相手探しの近道なのは間違いがありません。
詳しく説明してもらうことにしました。