友達が最初に利用してみたのが、無料でユーザーの多いSNSだったようです。
彼女も少ない給料で働かされている1人。
以前から生活が苦しいと言っていました。
それを改善するため、お金くれる紳士を探したいと考えていたのだそうです。
「TwitterとかFacebookって、ユーザーが多いでしょう。無料で利用が出来るでしょう。だから出会いの場所として最適だって思ったんだよね。大勢の人たちが使ってるんだから、太っ腹なパパも探せるんじゃないかって思って、それで募集のメッセージを掲載してみたんだ」
これで、連絡がやってくると考えた友達。
「だけど、炎上しちゃった(笑)」
冷やかしのメッセージが山のように届いたようです。
炎上するばかりで、食事パパは全然出てこない。
「SNSだと無理なのかな?って思って、そもそも出会いのためのサービスじゃないからね。だから出会いを探せる無料掲示板を使おうと思ったの」
ネット上には出会いのための掲示板はいくらでもあります。
完全無料だし、登録も必要ない。
とても気軽なものです。
ちょっと検索しただけでも、パパ募集掲示板や、愛人募集掲示板を発見できます。
「とっても賑わっているし、利用している人たち多いから、ここならいけるなって思ったんだ」
パパ募集のメッセージを投稿したら、多くのメールが届いたそうです。
「エッチなしって書いておいたのに、ほとんど割り切りとか、セフレになりたいって書いてあった」
やっと食事だけの男の人からの連絡が来て、待ち合わせ。
すると今度は、その場で最初だけ肉体関係有りって言われたそうです。
「結局ね、利用者の質がすごく悪い。最低。だから利用するのやめたの」
無料のところで、相手募集をしても結果が出なかったようです。